岩手医科大学歯学部同窓会 学術研修会のご案内


申し込みは締め切りました。

ちらしのダウンロード
   
時 間: 9:50ー15:30
   (10:00ー12:00 午前の部、12:15ー13:00 ランチョンセミナー、13:15ー15:15 午後の部)
会 場:岩手県歯科医師会館5階8020プラザ
参加費:(昼食代含む)歯科医師8,000円 学内歯科医師4,000円 コデンタルスタッフ2,000円(歯科医師は除く)




■午前・午後の部

  竹内 泰子 先生
  東京都開業
  1980年
1982年
1985年
1991年
1992年
2009年
2012年
2016年
日本歯科大学卒業 矯正専門医勤務
インプラント研究所勤務
東京都世田谷区祖師谷にて開業
スウェーデン・イェテボリ大学歯周病科留学
帰国後自院にて開業継続
日本歯周病学会専門医
東京都中央区TOKYO歯周治療センター副院長(非常勤)
日本歯周病学会専門医指導医 現在に至る


Basic concepts of the Modern Periodontal Therapy
生物学に基づく歯周治療


・歯周病の定義
・非外科的歯周治療
・バイオフィルムマネジメン
・デブライドメント
・プロフィラキシス
・GBT
・インプラント

PART1; 最新歯周治療インフェクションコントロール-GBTと治療の新しいエンドポイント
天然歯を失うことなく一生自分の歯で食べることができること、これを誰もが望むことは事実。にもかかわらず歯周治療をあきらめて抜歯に至り、インプラント治療に妥協する患者は多い。
なぜ歯周治療をあきらめるのか?患者側の最も多い理由は、歯周病は治らないと思い込んでいること。同時に、術者側が歯周病を早期発見できない、発見しても確実な治療方法を知らない、歯周治療は難しいと思い込んでいることが多い。
スカンジナヴィアの生物学に基づく歯周治療は歯周病の原因がバイオフィルムである検証を積み重ねることにより、確実に治せる疾患であることを証明した。しかも近年は非外科的歯周治療の器具器材と新しい治療様式の目覚ましい進化により、患者が望まない外科治療を行うことなく大部分の歯周病を治せることが実証されている。さらに歯周治療後のメインテナンスにGBT(Guided Biofilm Therapy)のプロトコールを導入することで、より迅速で、効果的なサポート治療と予防を行うことが可能になった。
歯周治療の新しい波が岩手医科大学歯学部同窓会会員の患者さんに反映されることを願う。

PART2; インプラント治療を受けた患者のメインテナンス
歯科においてインプラント周囲炎という疾患がクローズアップされ、インプラント治療に対しては賛否両論分かれるところである。しかしすでにインプラント治療を受けたことがある、または期待する患者数は確実に増加している。インプラント治療を長期間成功裏に維持するためには継続的な長期にわたるメインテナンスは必須である。しかもインプラントともに天然歯が存在する口腔はそれぞれの初期異変と疾患の類似点と相違点を理解することにより、疾患を早期発見することができる。インプラント後数年間は何事もなく過ぎても、10年目以降は様々なトラブルが急激に多発するという事実はすでに明らかにされている。これらのトラブルは異変を早期に探知することにより適切な対応処置でシンプルに解決できる。インプラントトラブルを先送りにすることを目的とするメインテナンスにおいては、歯科衛生士の診査がカギとなる。従来の歯周治療におけるスケーリングおよびPMTCなどの従来の手法はインプラントにおいては悪化の原因になることはあまり知られていない。メインテナンスを行うほどに悪化する部位が増すのでは患者の信頼を得ることも、メインテナンスの定着も望めない。長寿高齢化社会だからこそ今一度インプラントのメインテナンスについて再考する機会になることを願う。

【主な著書・論文】
・スウェーデン式に学ぶ、消毒・滅菌の真実 ..................................................................................................... 月刊歯科衛生士(2015)
・歯科衛生士臨床のすべて(Antonella Tani Bottichelli著)ベーシック&クリニカル(翻訳).................................................. エルバ社(2012)
・臨床歯周治療&インプラント(Jan Lindhe著)(翻訳)................................................................................. クインテッセンス出版(2005)
・経験に学ぶ歯科衛生士臨床のすべて(Antonella Tani Bottichelli著)(翻訳)................................................. クインテッセンス出版(2002)
・歯周病の新しい分類 ...................................................................................................................... 月刊ザクインテッセンス(1998)




■ランチョンセミナー

  佐藤 理一郎 先生
  米国 ハワイ州 ホノルル市開業、岩手医科大学歯学部 客員教授
  1978年
1985年
1985年
1987年
1989年
1989年
1992年
1995年
2017年
ワシントン大学卒業 ・Bachelor of Science取得
岩手医科大学歯学部卒業(15期生)
岩手医科大学歯科補綴学第二講座入局
米国歯科医師免許取得
同講座大学院課程修了・歯学博士取得
岩手医科大学歯学部歯科補綴学第二講座助手
ハワイ州歯科医師免許取得
ホノルル歯科医院・開業
岩手医科大学歯学部客員教授


アメリカでの補綴事情最前線

・米国歯科医師免許の取得法
・日米における歯科補綴治療の相違
・歯科治療費の制度
・CAD/CAM
・加熱重合レジンの種類

補綴処置を必要とする患者さんが来院した場合、その患者さんが求める治療計画および歯科治療の水準レベル(Standard Level of Care)は日米で大きな相違はありません。しかし、国別に見ますとその国における患者さんの価値観、歯科医の教育、歯科医療システムなどの相違によって水準レベルの定義および治療計画は変わってきます。ハワイ州ではアメリカ本土と比較しまして居住する日本人の人口が多いこと、さらに世界中から観光客が訪れるため国文化の相違があるため、歯科治療および治療計画に影響を及ぼしています。また、歯科治療は歯科業界に用いる設備およびその地域医療の歯科治療費にも左右されます。そこで、ハワイ州は全米においてどのように評価されているかを述べたいと思います。
さらに、私が感じました日米の歯科治療の違いについて皆さんにご報告したいと思います。

【主な著書・論文】
・CCMによるメタルセラミッククラウンの色調構築 - 歯科技工操作について - .................................................................. 歯科審美8 (1995)
・CCMにより色調構築したメタルセラミッククラウン症例 ............................................................................................ 歯科審美8 (1995)
・Using a Computer Color Matching System in Color Reproduction of Porcelain Restorations
 - Part 3:A Newly Developed Spectrophotometer Designed for Clinical Application. ........................ Int J Prosthodont.7 (1994)
・Using a Computer Color Matching System in Color Reproduction of Porcelain Restorations
 - Part 2: Color Reproduction of Stratiform Layered Porcelain Samples. ......................................... Int J Prosthodont.6 (1993)
・Using a Computer Color Matching System in Color Reproduction of Porcelain Restorations
 - Part 1: Application of CCM to the Opaque Layer. ....................................................................... Int J Prosthodont.5 (1992)




>>トップページへ